HOMEニューススピードスケート高木美帆が帰国 「走りきることができた」

ニュース

スピードスケート高木美帆が帰国 「走りきることができた」

カテゴリ:その他競技情報
2017.03.14
スピードスケート高木美帆が帰国 「走りきることができた」
W杯最終戦を終えて帰国し、トロフィーとメダルを手にする高木美帆=14日、羽田空港(共同)

 スピードスケート女子の高木美帆(日体大)が14日、ワールドカップ(W杯)最終戦を終えてノルウェーから羽田空港に帰国し、躍進した22歳のシーズンを「最後まで走りきることができた」と充実感とともに振り返った。世界選手権で総合3位、得意の1500メートルではW杯種目別総合3位に入った。
 団体追い抜きでは中軸として2季連続のW杯総合優勝を果たした。来年の平昌冬季五輪に向け、最終戦では新たな先頭交代の戦術も試し「来季につながる取り組み。自分がもっと引っ張っていける存在になりたい」と、エースの自覚を口にした。(共同)





ページトップへ