大会

HOME大会オリンピック競技大会平昌オリンピック2018ニュース羽生選手「10日間は絶対安静」 右足首負傷で全日本に照準

第23回オリンピック競技大会(2018/平昌)

ニュース

羽生選手「10日間は絶対安静」 右足首負傷で全日本に照準

カテゴリ:オリンピック
2017.11.12
羽生選手「10日間は絶対安静」 右足首負傷で全日本に照準
9日の公式練習中、ジャンプの着氷に失敗し、転倒する羽生結弦(上左から右、下へ)=大阪市中央体育館(共同)

 フィギュアスケートの平昌冬季五輪シーズンでGPシリーズ第4戦、NHK杯を右足関節外側靱帯損傷のために欠場した男子の羽生結弦選手(22)=ANA=は12日、日本スケート連盟を通じ「10日間は絶対安静と医師から言われた。その後、3〜4週間で(パフォーマンスが)元に戻るとみている」との談話を発表。
 大幅に調整が狂うことになるが、冬季五輪2連覇を目指す羽生選手は、五輪代表が決定する最終選考会の全日本選手権(12月21〜24日・東京)に照準を合わせる意向で「何とか間に合うよう治療、リハビリに努力する。全日本ではいい演技ができるように頑張る」との意気込みを示した。(共同)



  • 平昌オリンピック2018
  • ニュース
  • 日本代表選手団応援イベント





PyeongChang 2018
DAYS
HRS
MINS
SECS
TO THE OPENING CEREMONY
OF THE OLYMPIC WINTER GAMES
PYEONGCHANG 2018
:
:
Olympic Winter Games
Pyeongchang 2018

ページトップへ