大会

第8回アジア冬季競技大会(2017/札幌)

日本代表選手団 入賞者一覧2017年2月26日時点

優勝(金メダル)
競技 種目 選手名 合計
スキー・アルペン 男子大回転 小山 陽平 27
スキー・アルペン 女子大回転 長谷川 絵美
スキー・アルペン 女子回転 長谷川 絵美
スキー・クロスカントリー 男子10kmフリー レンティング 陽
スキー・クロスカントリー 男子30kmマススタート レンティング 陽
スキー・クロスカントリー 男子4×7.5kmリレー レンティング 陽、柏原 暢仁、馬場 直人、清水 康平
スキー・クロスカントリー 女子5kmクラシカル 小林 由貴
スキー・クロスカントリー 女子10kmフリー 小林 由貴
スキー・クロスカントリー 女子15kmマススタート 小林 由貴
スキー・クロスカントリー 女子4×5kmリレー 小林 由貴、宮崎 日香里、大林 千沙、滝沢 こずえ
スキー・ジャンプ 男子ノーマルヒル個人 佐藤 幸椰
スキー・ジャンプ 男子ラージヒル個人 中村 直幹
スキー・ジャンプ 男子ラージヒル団体 佐藤幸椰、中村直幹、伊藤将充、岩佐勇研
スキー・フリースタイル 男子モーグル 堀島 行真
スキー・フリースタイル 男子デュアルモーグル 堀島 行真
スキー・フリースタイル 女子モーグル 村田 愛里咲
スキー・スノーボード 女子大回転 家根谷 依里
スケート・スピードスケート 男子1000m 小田 卓朗
スケート・スピードスケート 女子500m 小平 奈緒
スケート・スピードスケート 女子1000m 小平 奈緒
スケート・スピードスケート 女子1500m 木 美帆
スケート・スピードスケート 女子3000m 木 美帆
スケート・スピードスケート 女子マススタート 木 美帆
スケート・スピードスケート 女子チームパシュート 押切 美沙紀、木 菜那、佐藤 綾乃
スケート・フィギュアスケート 男子シングル 宇野 昌磨
アイスホッケー 女子 藤本 那菜、近藤 真衣、小西 あかね、鈴木 世奈、竹内 愛奈、堀 珠花、細山田 茜、小池 詩織、床 亜矢可、小野 粧子、久保 英恵、足立 友里恵、中村 亜実、岩原 知美、米山 知奈、大澤 ちほ、藤本 もえこ、寺島 奈穂、浮田 留衣、床 秦留可、永野元 佳乃
バイアスロン 男子12.5kmパシュート 立崎 幹人
2位(銀メダル)
競技 種目 選手名 合計
スキー・アルペン 女子大回転 安藤 麻 21
スキー・アルペン 女子回転 安藤 麻
スキー・クロスカントリー 男子15kmフリー 馬場 直人
スキー・ジャンプ 男子ノーマルヒル個人 岩佐 勇研
スキー・ジャンプ 男子ラージヒル個人 岩佐 勇研
スキー・フリースタイル 男子デュアルモーグル 原 大智
スキー・フリースタイル 女子デュアルモーグル 村田 愛里咲
スキー・スノーボード 男子回転 鈴木 湧也
スキー・スノーボード 女子回転 家根谷 依里
スケート・スピードスケート 男子500m 長谷川 翼
スケート・スピードスケート 男子1500m 小田 卓朗
スケート・スピードスケート 男子5000m 土屋 良輔
スケート・スピードスケート 男子10000m 土屋 良輔
スケート・スピードスケート 男子マススタート ウィリアムソン 師円
スケート・スピードスケート 男子チームパシュート 土屋 良輔、ウィリアムソン 師円、一戸 誠太郎
スケート・スピードスケート 女子1000m 木 美帆
スケート・スピードスケート 女子1500m 押切 美沙紀
スケート・スピードスケート 女子マススタート 佐藤 綾乃
スケート・フィギュアスケート アイスダンス リード クリス、村元 哉中
スケート・ショートトラック 女子500m 伊藤 亜由子
カーリング 男子 両角 友佑、清水 徹郎、山口 剛史、両角 公佑、平田 洸介
3位(銅メダル)
競技 種目 選手名 合計
スキー・アルペン 男子大回転 成田 秀将 26
スキー・アルペン 男子回転 成田 秀将
スキー・アルペン 女子大回転 荒井 美桜
スキー・クロスカントリー 男子1.4km個人スプリント(クラシカル) 柏原 暢仁
スキー・クロスカントリー 男子10kmクラシカル 清水 康平
スキー・クロスカントリー 男子15kmフリー レンティング 陽
スキー・フリースタイル 女子モーグル 伊藤 みき
スキー・フリースタイル 女子デュアルモーグル 伊藤 みき
スキー・スノーボード 男子大回転 神野 愼之助
スキー・スノーボード 男子ハーフパイプ 子出藤 歩夢
スキー・スノーボード 女子ハーフパイプ 今井 胡桃
スケート・スピードスケート 男子1000m 中村 駿佑
スケート・スピードスケート 男子1500m 近藤 太郎
スケート・スピードスケート 男子5000m 一戸 誠太郎
スケート・スピードスケート 男子10000m 一戸 誠太郎
スケート・スピードスケート 女子500m 郷 亜里砂
スケート・スピードスケート 女子1500m 木 菜那
スケート・スピードスケート 女子3000m 佐藤 綾乃
スケート・スピードスケート 女子5000m 歸山 麻衣
スケート・ショートトラック 男子5000mリレー 渡邊 啓太、坂爪 亮介、吉永 一貴、横山 大希、村竹 崇行
スケート・ショートトラック 女子1000m 菊池 純礼
アイスホッケー 男子 福藤 豊、伊藤 優人、小野田 拓人、橋場 亮、芳賀 陽介、山下 敬史、羽 銘、橋本 僚、佐藤 大翔、蓑島 圭悟、三田村 康平、西脇 雅仁、田中 豪、上野 拓紀、久慈 修平、山下 拓郎、河合 卓真、寺尾 裕道、木 健太、高橋 聖二、平野 裕志朗、寺尾 勇利、古橋 真来
バイアスロン 男子10kmスプリント 立崎 幹人
バイアスロン 男子15kmマススタート 尾崎 光輔
バイアスロン 混合リレー 立崎 幹人、田中 友理恵、立崎 芙由子、枋木 司
カーリング 女子 藤澤 五月、吉田 知那美、鈴木 夕湖、吉田 夕梨花、本橋 麻里
4位
競技 種目 選手名 合計
スキー・アルペン 女子回転 荒井 美桜 20
スキー・クロスカントリー 女子10kmフリー 滝沢 こずえ
スキー・クロスカントリー 女子15kmマススタート 滝沢 こずえ
スキー・ジャンプ 男子ノーマルヒル個人 伊藤 将充
スキー・ジャンプ 男子ラージヒル個人 伊藤 将充
スキー・フリースタイル 男子モーグル 原 大智
スキー・フリースタイル 女子モーグル 住吉 輝紗良
スキー・フリースタイル 女子デュアルモーグル 住吉 輝紗良
スキー・スノーボード 女子ハーフパイプ 松本 遥奈
スケート・スピードスケート 男子1000m 長谷川 翼
スケート・スピードスケート 男子1500m 中村 奨太
スケート・スピードスケート 女子1500m 佐藤 綾乃
スケート・スピードスケート 女子5000m 田畑 真紀
スケート・スピードスケート 女子マススタート 木 菜那
スケート・フィギュアスケート 男子シングル 無良 崇人
スケート・フィギュアスケート 女子シングル 本郷 理華
スケート・ショートトラック 男子1000m 渡邊 啓太
スケート・ショートトラック 女子3000mリレー 菊池萌水、齋藤仁美、菊池純礼、伊藤亜由子、渡邉碧
バイアスロン 男子10kmスプリント 枋木 司
バイアスロン 女子12.5kmマススタート 立崎 芙由子
5位
競技 種目 選手名 合計
スキー・アルペン 男子大回転 松本 達希 12
スキー・クロスカントリー 男子30kmマススタート 馬場 直人
スキー・クロスカントリー 女子5kmクラシカル 滝沢 こずえ
スキー・クロスカントリー 女子10kmフリー 大林 千沙
スキー・クロスカントリー 女子15kmマススタート 大林 千沙
スキー・フリースタイル 男子モーグル 四方 元幾
スケート・スピードスケート 男子マススタート 土屋 良輔
スケート・スピードスケート 女子1000m 郷 亜里砂
スケート・スピードスケート 女子3000m 田畑 真紀
スケート・フィギュアスケート アイスダンス 鈴木 健太郎、森 衣吹
バイアスロン 男子12.5kmパシュート 永井 順二
バイアスロン 男子15kmマススタート 立崎 幹人
6位
競技 種目 選手名 合計
スキー・アルペン 男子回転 若月 隼太 16
スキー・クロスカントリー 女子5kmクラシカル 大林 千沙
スキー・ジャンプ 男子ノーマルヒル個人 中村 直幹
スケート・スピードスケート 男子500m 中村 駿佑
スケート・スピードスケート 男子1500m ウィリアムソン 師円
スケート・スピードスケート 男子5000m ウィリアムソン 師円
スケート・スピードスケート 男子マススタート 中村 奨太
スケート・スピードスケート 女子500m 辻 麻希
スケート・フィギュアスケート ペア 柴田 嶺、橋 成美
スケート・ショートトラック 男子1000m 吉永一貴
スケート・ショートトラック 男子1500m 渡邊 啓太
スケート・ショートトラック 女子500m 菊池 純礼
スケート・ショートトラック 女子1500m 渡邉 碧
バイアスロン 男子10kmスプリント 永井 順二
バイアスロン 女子10kmパシュート 田中 友理恵
バイアスロン 混合リレー 中島有基、寺林拓人、蜂須賀明香、田中きらり
メダリスト・入賞者合計
金メダル 銀メダル 銅メダル 4位 5位 6位 合計
27 21 26 20 12 16 122
合計 74(※メダル総数74) 合計 48

※今大会ルールでは、アジアにおける冬季競技の普及を目的に、1NOCによるメダル独占を避けるため、各個人種目の上位3名が同NOCの場合、うち上位2名のみへメダルが授与される。この場合、4位以下で最上位となるNOCの選手へ銅メダルが与えられる。但し、公式記録及び入賞の扱いとしては、競技会の記録どおり。
【対象種別・種目】 スキー/アルペン(全種目)、クロスカントリー(リレー除く)、ジャンプ(ラージヒル団体除く)、フリースタイル(全種目)、スノーボード(全種目)・スケート/スピードスケート(チームパシュート除く)、ショートトラック(リレー除く)、バイアスロン(リレー除く)


ページトップへ